ハレノヒ食堂 ~アンチエイジングの魔術師~

先付 菜園からの贈り物

八王子グルメ探訪 第20回、今回は浅川沿いの閑静な住宅街の一角にある一軒家レストラン、「ハレノヒ食堂」さんをご紹介します。

ハレノヒ食堂ロゴ

ハレノヒ食堂は一日一組様限定、完全予約制の貸切営業というスタイルで2015年6月にオープン。
フレンチのワクワク感とアーユルヴェーダの身体を想うメニューは、自然栽培・オーガニック野菜をふんだんに使用。
デトックス効果の高い、体質改善のための「野菜だけの創作料理」を提供しています。

オーナーシェフは「アンチエイジングの魔術師」と慕われる、通称「きゃしーさん」こと小俣由枝さん。

そして今回のレポーターは、家電ネットショップで急成長を遂げた「タンタンコーポレーション株式会社」代表取締役社長である丹澤誠二さん、晴美さんご夫妻にお願いしました。

タンタンコーポレーション 代表取締役 丹澤誠二さん 丹澤晴美さん夫妻

タンタンコーポレーション株式会社 丹澤誠二さん 晴美さんご夫妻

アンチエイジングに関心の高いおふたりに、魔術師はいったいどんな「美味しい魔法」をかけるのでしょうか。

今回は晴美さんからきゃしーさんに、いろいろとお話を聞いて頂くことにしましょう。

浅川沿いの閑静な住宅街にて

11月初旬、風ひとつない秋晴れの西八王子。
浅川沿いの道路から1歩入った閑静な住宅地に、水色のバルコニーが映える素敵な一軒家を見つけました。

八王子の浅川沿いに佇む「ハレノヒ食堂」

ハレノヒ食堂 玄関へ上がる螺旋階段

日常の「ケの日」から、非日常の「ハレの日」へ繋がる螺旋階段

広い駐車場に車を止め、素敵な佇まいのお宅を横目に螺旋階段を上がると、
「きゃしーさん」こと小俣由枝さんが笑顔で出迎えて下さいました。

ハレノヒ食堂オーナーシェフ 小俣由枝さん

ハレノヒ食堂オーナーシェフ 小俣由枝さん

▽小俣由枝さんプロフイール
大手デベロッパーの広報や建設会社のインテリアコーディネーターを経て、30歳のときにフレンチ料理店で厨房修行に飛び込む。
数店舗で修行、ソムリエなどを経験し、虎ノ門で屋台バー「Noodle Bar Nude」を4年半経営。
その後、高幡不動の自宅でレストランを開業し、2015年6月に八王子へ移転。
大切にしていることは「お客様としっかり向き合うこと」「お客様の気持を感じる努力」。
・特技:ワインのテイスティング、ハーブティのブレンディング
・趣味:フレンチ料理の食べ歩き、器収集
・関心事:栄養、体質改善、世界平和
・取得資格:フードコーディネーター、ソムリエ、野菜ソムリエJr、アンチエイジングフードマイスターなど多数

お出迎えして下さったその瞬間からアンチエイジング?
その笑顔やオーラに最初から癒やされてしまいました(笑)。

きゃしーさんにお招きされ、レストランである二階のリビング空間に入ると、そこには洗練されたアンティークな家具や調度品の数々…。
落ち着いたセンスのある空間にまずはびっくりしました。

ハレノヒ食堂 バルコニー

日当たりのよいバルコニーからは浅川の河川敷が見える

夫は来年還暦、私は10月に54歳になり「誰にでも平等におとずれる老化現象をできればゆっくりさせたい」と、日頃からそう思っていました。

そのためには口にするものが大切だ、ということは分かってはいるものの、
毎日の食卓にどのように取り入れていったらいいか?
自分の体質にあったものは何か?
それを知るすべはなかなかありませんでした。

「人は食べたものでできている」と話すきゃしーさん。

今日はきゃしーさんにお話をお伺いしながら、美味しい魔法の時間を心ゆくまで愉しもうと思います。
ハレノヒ食堂 キッチンに立つ小俣由枝さん

ハレノヒ食堂を開業したきっかけを教えて下さい

「以前は虎ノ門で、車を改造した屋台バーを経営していました。
このバーは、会社帰りのサラリーマンの方がリピーターになってくれて繁盛していたんですが、イベント用のテント設営や撤収という毎日で帰りが深夜になることもあり、だんだん体力的にしんどくなってきたんです。

やむをえずバーを畳んでそのタイミングで結婚もしたんですが、閉店当初は心にぽっかり穴が空いて、これから何をしていいのか悩んでいました。

でも、やはり自分には料理しかない、料理で人を幸せにしたいと強く思うようになって、「私の料理で笑顔になってもらえる場所を作ろう」と思いたち、当時住んでいた高幡不動で自宅レストランを開業したんです。」

ハレノヒ食堂 晴美さんと対談するきゃしーさん

食事の合間にきゃしーさんとの会話もご馳走のひとつ

フレンチとアーユルヴェーダの融合というコンセプトについて

「このコンセプトに行き着いた理由は、以前、フレンチ料理店で修行をしていたとき、そこにいるシェフ達が糖尿病や痛風などで病んでいたということがあります。

私はフレンチのドキドキ感やワクワク感がたまらなく好きだったのですが、行き着く先は体調不良という結末。。
そこで、「人は食べ物からできている」ということに気づきました。

美味しくても悪い結果になるのでは意味がないと思い、フレンチのような見た目で、フレンチのような満足感で、身体に良い効果が得られるヘルシーな料理を提供し、人々に貢献したいと、アンチエイジングの道を進もうと決意しました。

今では、それに気づかせてくれたシェフ達に感謝しかありません。

そして、やるからには徹底的にやろうと「野菜のフレンチ」に決めました。
野菜の持つ効能はそれぞれにすばらしく、それだけで人間のからだをよくしてくれる効果があり、病気を防ぐことができる夢のような食材です。
野菜は自然栽培・有機野菜にこだわり、調味料も日本のいいもの、しかも発酵調味料を使っています。
精製された小麦粉、砂糖は使用せず、甘みもなるべく自然のもので味付けをして、身体になるべく負担をかけないものにこだわりました。
(→ 詳しくは公式サイトの「食材について」をご覧ください

これからお料理をご用意しますので、実際に体感して頂ければと思います。」

アンチエイジング・ベジキュイジーヌ 本日のメニュー

ハレノヒ食堂 食卓

食卓はまさに「華麗」とでもいうべき美しさ

ハレノヒ食堂 食卓の野菜

ハレノヒ食堂 食卓の装飾品

ハレノヒ食堂 食卓のナプキン

ハレノヒ食堂 本日のメニュー

「ハレノヒ食堂」のメニューは当日にならないとわからない

バタフライピー入り デトックスウォーター

まずは、コバルトブルーの見た目も鮮やかなバタフライピー入りデトックスウォーターで乾杯。
ハレノヒ食堂 バタフライピー入りデトックスウォーター
バタフライピーはタイ原産のマメ科のハーブで、アンチエイジング効果の高いポリフェノールの一種「アントシアニン」が豊富に含まれているそうです。

ハレノヒ食堂 バタフライピー入りデトックスウォーター

バタフライピーのほかにオレンジ、レモン、キウィやみかんなどが入っている

デトックスウォーターの紫色は、アントシアニンが溶け出したからなのでしょう。
ほどよく酸味の効いたウォーターは、飲むと身体中の細胞に染み入るような錯覚を覚えます。

先付 菜園からの贈り物

ハレノヒ食堂 先付 菜園からの贈り物
まるでお皿に描かれた絵画?と思わせるほど美しい先付には、野菜のまわりに土のような物が散りばめられています。これは何でしょう?
「土のように仕立てた食べ物です。デーツ、甘酒、ココナッツオイル、タイガーナッツ、米ぬかなどを組み合わせており、砂糖は使っていません。」

口に入れてみると、ジャリジャリして本当に土っぽい食感だけど、ほんのり甘くて美味しい。

自然栽培・無農薬の野菜は、野菜本来の味がしっかり出ていて、味付けなしでもそのまま美味しく頂けます。

前菜 人参のガレット サラダ仕立て

ハレノヒ食堂 前菜 人参のガレットサラダ仕立て
テーブルに置かれた瞬間に「綺麗!」と歓声が上がったのが、人参のガレット。
見た目はまるでケーキのよう。
「底には寒天のムース、その上に煮た人参を載せて寒天のジュレで固め、フランボワーズソースを散りばめました」

ハレノヒ食堂 人参のガレットを召し上がる丹澤晴美さん

フレンチの綺麗さとヘルシーさを兼ね備えたガレットにうっとり

螺旋状に配置された色鮮やかな人参たち。
うっとりとしばし鑑賞したあとに頂くと、人参が甘いことにびっくり。
じっくりじっくり弱火を通しているので甘みが出ているとの説明を聞き、やはり手間暇かけて丁寧に作られた料理はひと味違うのだと納得。
野菜出汁とお塩でシンプルに味付けされているだけなのに、けっして薄味ではないところがすごいです。
とっても美味しいガレットでした。

メイン 車麩と野菜のミルフィーユ

ハレノヒ食堂 メイン 車麸と野菜のミルフィーユ
メインは見た目も迫力の「車麩と野菜のミルフィーユ 豆腐ホワイトソース ビーツリゾット添え」。

オーブンで焼かれたミルフィーユは、いちばん上の豆腐とお味噌のホワイトソースから下へ、
紅くるり大根、青なす、車麸、紫大根、玉ねぎ、蓮根、ビーツと切り干し大根の玄米リゾットと、7層に積み上げられています。
ミルフィーユの左には紫人参と黄人参、周りに豆乳ヨーグルトのタルタルという配置。

それにしても、食べるのが難しそう。
どうやって食べるのかきゃしーさんに聞いてみたところ、
「バンバン崩して食べて下さい、崩さないと無理です」とひとこと。
そうなんですね。。

ハレノヒ食堂 メイン 車麸と野菜のミルフィーユを盛り付けるシーン

ミルフィーユを崩して野菜たちをじっくりと観察すると、蓮は皮付きのまま。
「皮が一番栄養価が高いんです」とさらりと話すきゃしーさんに、無農薬だからこそできる技なのだと感心。

鮮やかな赤色の紅くるり大根は、食べるといかにも元気が出てきそう。
きゃしーさんいわく、赤い野菜は女性力を高める栄養素が多いんだとか。

真ん中のいちばん分厚い車麸は、私の大好きなバルサミコ風味で密度がしっかりしています。
粒マスタードが間に挟んであって、食べごたえがありました。

ハレノヒ食堂 メインの車麸のミルフィーユを頂く晴美さん

ビーツと切り干し大根の玄米リゾットはクミンが効いていて、すごく美味しい!
「ビーツは食べる輸血といわれ栄養価が非常に高く、鉄分・亜鉛・ミネラルが豊富に含まれています。デトックス効果も高く、女性ホルモンを整える作用があるので、妊活している若い女性には特におすすめです。」

切り干し大根は、体内の水分を排泄するためデトックス効果が非常に高く、むくみを防止してくれるそうです。

それにしても、ミルフィーユも薄味かと思いきや、しっかり味も付いていてボリュームたっぷり。
「根菜を多く噛むことで身体の代謝が上がり、身体がポカポカとしてきて、これからどんどん眠くなってきますよ」ときゃしーさん。

ハレノヒ食堂に行かれる方は、後の予定を入れないことをおすすめします(笑)。

デザート ローケーキとリンゴのオーブン焼き 豆腐カスタード

ハレノヒ食堂 デザートのローケーキ リンゴ
デザートは「ローケーキとリンゴのオーブン焼き 豆腐カスタード」です。

特筆すべきはローケーキ。
食べた人全員が「美味しい~!」と歓声を上げるほど絶品の美味しさ!凄かったです。
ムースとも違う、バニラアイスのように滑らかに溶ける、まさに初めての食感。
しかも軽くて食べたあとの罪悪感がない。

「罪悪感のないスイーツではなく、むしろ食べて欲しいスイーツ」ときゃしーさん。
より食べたほうがより良いスイーツって、ありえないですよね。

ローケーキは三層になっていて「超スーパーフード」と呼ばれるシーベリーをはじめ、ココナッツオイル、カシューナッツが入っています。
シーベリーはオメガ3,6,7,9全てのオレイン酸を含んだ奇跡的な植物で、抗酸化作用が高いそう。

ローケーキだけでなくリンゴもとても美味しかったです。
「奇跡のリンゴ」で有名な木村秋則さんの弟さん、三上さんの完全無農薬リンゴを頂きました。

リンゴの中にはピーカンナッツ、レーズン、プルーンが入っていて、上に豆腐のカスタードが載っています。
リンゴの食感はさっくり、蜜がぎっしりと詰まっていて「看板に偽りなし」の美味しさでした。

まわりに散りばめられている黒いのは酵素エキスで、ある大学の研究所では毎日大さじ一杯なめるとガンが治るというエビデンスが出たとのこと。

それにしても、溜息が出るほど凄いデザートでした。

ハーブティ

ハレノヒ食堂 食後のハーブティー
コースの最後は、粘膜強化と免疫力アップのブレンドにしたハーブティー。
デーツが2種類添えられていて、上はモロッコ産、下の小さいのは黒糖の風味がするイスラエルのサーヤ種。

きゃしーさんは「自分の器で料理が出せたら」との想いから陶芸を習ったことがあり、写真の器はそのときの師匠が創って下さったものだそう。
料理はそれを載せる器も大事なのですね。

取材を終えて、晴美さんのご感想

アーユルヴェーダとフレンチの融合されたお料理は、それを全て網羅され尽くしたコース内容で、とても感動的。
ひと口ひと口が身体に染み渡り、有機栽培・無農薬のお野菜が中心なのに物足りなさは全くなく、満足感たっぷりなアンチエイジングコースでした。

食事の合間にきゃしーさんとの会話もご馳走のひとつ。
その言葉のひとつひとつにも訪れた人を想うお気持ちが滲み出ていて、ためになる情報がたっぷり。
居心地がとても良く、つい長居をしてしまいたくなります。

お野菜の色や調理法、盛り付け、テーブルセッティング、空間作り全てからパワーをいただき、癒され、学ばせて頂きました。

目から鱗がたくさん落ちてデトックスされた身体は温まり、秋日和の中を夫と帰路についたときの幸せ感は、言葉では言い表せないくらい。

お陰様で素敵な経験をさせていただきました。

このような素晴らしい機会を頂いたきゃしーさんに、心より深くお礼申し上げます。

誠二さんのご感想

タンタンコーポレーション 丹澤誠二 代表取締役社長

日頃からトレーニングをしている誠二さんは見た目もお若い

楽しい会話と、こだわりの有機野菜・自然農法野菜を使用しているアンチエイジングべジ料理のコンセプトをお聞きしながら出して頂く料理の数々は、見た目、素材、味そして…きゃしーさんの心を込めたおもてなし….
すべてが初体験の素晴らしさを感じました。

アンチエイジングには興味があり、若さを保ちたいと思って日頃からトレーニングやランニングをし、食事にも自分なりに気を使っています。

デトックス効果やダイエット効果も実感できるべジ料理は、これからの自分の食事にとって勉強になり、改めて食の大切さを教わり大満足でした。

取材の最後にきゃしーさんより

ハレノヒ食堂 取材の最後に小俣由枝さんより
体質にお悩みがある方、まずはご相談ください。
アンチエイジングの魔術師ができる範囲で解決に導きたいと思います。

体質改善したい方
身体をキレイにしたい方
スッキリとデトックスしたい方
アンチエイジングベジってどんなものだか体験したい方

ぜひ一度お試し頂きたいと思います。

人は食べたものでできています。
食でかならず身体は変わるということを、みなさんに体感して頂けたら幸いです。

それをお伝えすることが私の役割だと、そう考えています。

レポーターのご紹介 丹澤誠二さん 晴美さん ご夫妻

ハレノヒ食堂のバルコニーにて 丹澤誠二さんと晴美さんご夫妻
このたび、ハレノヒ食堂さんをご案内させて頂いた「タンタンコーポレーション株式会社」代表取締役の丹澤誠二と妻の晴美です。

タンタンコーポレーションは、前身である家電量販店「電気の家庭科学(創業昭和21年)」から2000年(平成12年)にネットショップに事業転換し、八王子だけでなく日本全国へ販売経路を拡大しました。

運営している通信販売サイト「激安!家電のタンタンショップ」では、一流メーカーの家電品をより安くお買い求め頂けるよう、永年の家電販売の経験を生かし、仕入れ努力やローコスト運営物流ノウハウにより、お安く全国の方々に提供しています。

また、楽しく、便利に、簡単に、わかりやすく、安心してお買い物ができるようにサイトを設計をしていますので、是非タンタンショップでお買い物をお楽しみください。
「激安!家電のタンタンショップ」ロゴ画像

お店データ

店名:ハレノヒ食堂
電話:050-3452-2313
住所:東京都八王子市
HP:https://www.hare-nohi.com/
アメブロ::https://ameblo.jp/cassygo/
Facebook:https://www.facebook.com/hitokakera/
お問い合わせ:ハレノヒ食堂の公式サイトへ

営業日&時間:
木~日までのランチ営業11:30 ~ 16:00くらいまでのお時間で受け賜わります。
定休日:月・火・水
ジャンル:自然食、創作フレンチ
最寄駅:中央線 西八王子駅

電話でのご予約はこちらをタップ

年間イベント

季節ごとに料理教室を開催しています。
詳しくはハレノヒ食堂のFacebookページをご覧ください。

アクセス

ご予約時にご案内いたします。

当サイト管理人より

八王子グルメ探訪 第20回、「ハレノヒ食堂」特集はいかがでしたでしょうか。

今回の取材の中で私は、きゃしーさんの「料理は祈りだと思っているので、自分の精神性も大切にしています」という言葉に感銘を受けました。

「料理を作るということは、食べてくれる人を想いながら、丁寧にひとつひとつ心を込めて、『美味しくなれ、美味しくなれ』と呪文をかけながら、祈るように作るので、祈りの行為に似ていると思います。

古来から、母親は家族のために、家族の健康を考えながら、祈るようにごはんを作っていたと思います。
人を想い、そのために考え作る料理は、なにものにも代えがたいものがあると確信しています。」

どうやら、彼女の美味しい魔法は、古来からの「母親の祈り」を源流にしているようです。
そして、呪文をかけられた料理たちは、アンチエイジング・ベジ キュイジーヌという、人を身体の中から幸せにする料理に変身したのでしょうか。

自然に、健康的に、安全で、しかも美味しくお料理を楽しみながら、デトックス効果を体感できるハレノヒ食堂のメニューの数々。

それは、魔術師が繰り出す魔法ともいうべきものです。

あなたも、とっておきのハレの日に、浅川沿いの一軒家に棲む「アンチエイジングの魔術師」に逢いに行かれてみてはいかがでしょうか。

ケノヒとハレノヒを繋ぐ、螺旋階段を上がって。
ハレノヒ食堂 玄関

Photo by 山本ミニ子( にちにち寫眞主宰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丹澤 誠二さん 晴美さん

丹澤 誠二さん 晴美さん

投稿者プロフィール

家電ネットショップ「タンタンコーポレーション株式会社」代表取締役 丹澤誠二、晴美夫妻。運営している通信販売サイト「激安!家電のタンタンショップ」では、一流メーカーの家電品をより安くお買い求め頂けるよう、永年の家電販売の経験を生かし、安く全国の方々に提供している。

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る